ディーラーの下取り価格が安いホントの理由|車下取りナビ

ディーラーの下取り価格が安いホントの理由

ディーラーの下取りは安い

 

車を買い替える時、それまで乗っていた愛車はどうされますか?

 

多くの場合は、新しく車を購入するディーラーに下取りにだされるのではないでしょうか。

 

一昔前までは、ほぼ大半の方がそうされていました。「選択肢が他になかった」、という事ですね。

 

でも、最近は車買取専門店と言うものが多く存在します。テレビやラジオでCMも良く耳にします。

 

愛車を手放す方法は、

・ディーラーに下取りに出す
・買取り専門店に売却する

この2つの選択肢があります。

 

結論から申し上げると、
ディーラーの下取り査定よりも、買取専門店の査定の方が「高い」です。

 

その理由について、ご説明しますね。

 

 

そもそも自動車の査定額ってどうやって決まるの?

 

新車であれば、当然標準価格が設定されていて、そこからの値引きとサービス品で他の店と比較ができます。

 

皆さん数社相見積もりを取って「あっちのお店は値引きが15万円、こっちのお店は17万円+○○がサービス」などなど。

 

でも、実際は新車の値引き金額よりも、車の査定金額の方が大きな差が出ます。

 

車の査定となると、決まった価格(定価)はありません。新車と違って、1台1台コンディションが異なるので、当然ですね。

 

悲しいですが、車の価値は日々下がってゆきます。

 

この車の査定金額は、どのようにして決まってくるのでしょうか?

 

車の査定には「相場」というものが存在しています。

 

その査定相場は中古車オークションの売買価格と連動しています。下取りや買取りの査定相場は、中古車オークションの売買金額を基に決まってきます。

 

中古車オークションは、毎日のように全国で行われています。

 

このオークション会場には、認定された業者しか参加は出来ません。その業者が最新の車の査定相場を把握しているのです。

 

 

ディーラーと買取専門店の本質的な違い

 

少し話はそれますが、ディーラーと買取専門店について掘り下げてお伝えします。

 

ディーラーは、新車を販売することが本業です。

 

年度ごとに自動車メーカーに掲げた販売目標台数を達成すると、自動車メーカーから高額の報奨金がもらえます。

 

ですので、1台でも多く新車を売るために、他店と競って値引きやサービス品でユーザーにアピールします。

 

でも、車の下取りについては、本業ではないのであまり積極的ではありません。

 

下取りした車は、取引のある業者に販売します。その際、赤字にならないように、無難な=安い査定金額で下取ります。その業者は、中古車オークションで車を販売します。

 

車買取専門店は、車を買取って再販する事が本業です。車の買取り=仕入ですので、1台でも多くの車を買取ろうとします。

 

当然オークションの相場にも敏感で、常にウォッチして欲しい車は他と競ってでも高値を付けます。

 

 

ディーラーの下取り価格が安いホントの理由

 

ここまで、色々とお仕えしてきましたが、簡単に理由をまとめると、

・ディーラー下取り車はオークションに出るまでに時間がかかる=価値が下がるので安い査定になる

 

・ディーラー下取り車は、中古車販売業者を介してオークションに出る=中間業者の利益が乗るので安い査定になる

 

・ディーラーは下取は本業ではないので、他と競って査定金額を上げてくることは無い

 

 

下取り価格が気になったら、愛車の最新の査定相場を知っておく

 

ディーラーの下取り価格が安い理由について、これまでお伝えしてきましたが、悪いことばかりでもありません。

 

ディーラーですと、下取りと購入の窓口が1つで済みますし、納車と引き取りのタイミングが一緒なので、代車の心配も要りません。

 

ディーラーの下取り価格にさほど問題がなければ、下取りに出すのも「あり」だと思います。

 

でも、下取り価格が妥当かどうか判断する事は難しい事です。

 

相場はオークションと連動して、日々変化していますので、雑誌やインターネットで調べても出てきません。

 

でも、こちらのサイトを使えば、簡単に調べることができます。

 

かんたん車査定ガイド

 

わずかな入力後すぐに、愛車の査定相場が分かります。同時に複数の買取専門店に見積もりも依頼できますので、最高額で買い取ってくれる業者と金額も分かります。

 

これをもとにディーラーと交渉するも良し、最高額の業者に売るも良し、だと思います。