自動車下取りナビ|愛車の下取り査定相場を知って得をする方法

車下取り 事故車|事故歴のある車の下取り価格とは?

事故車

 

車を買い替えよう、と考えた時、今の車がいくらで下取りされるのか、愛車の下取り価格は気になりますよね。

 

過去に事故歴がある場合は、通常の査定よりも安くなってしまいますが、一体どれくらいの差が出るのでしょうか?

 

今回は、事故車の下取りについて考えてみます。

 

 

そのそも「事故車」ってどんな車?

 

一言で事故車と言っても、実は内容によって査定の基準は変わってきます。それぞれの定義と、その対応方法についてお伝えします。

 

 

事故車

 

業界で言う「事故車」とは、車の骨格に関わる部分を交換、修理したことのある車をさします。車の骨格部分とは、

 

事故車の定義

 

上記の部分です。(出典:一般財団法人 日本自動車査定協会)

 

この部分を修理した車を「修復歴車」と呼び、業界では「修復歴車」=「事故車」となります。修復歴のある車は、査定に大きく影響します。

 

同じ車両で、修復歴車とそうでない車の場合では、修理の場所にもよりますが、修復歴車の査定は半額近くになるケースも少なくありません。

 

 

修理歴のある車

 

車をガードレールにぶつけて、ドアが凹んだので修理した。衝突事故で、バンパーを交換した。など、上記の車の骨格部分ではない箇所の修理や交換は、「修復歴」にはなりません。

 

したがって、事故車扱いにはならないのです。査定時に、「ドアを板金修理していますね。この車は事故車ですね。」なんて言われたら、この事を思い出して下さい。

 

明らかに「なんとか安く査定しよう」という考えがバレバレです。修理歴も査定には影響しますが、「修復歴車」とは全く違います。

 

 

不動車

 

事故にあって、もう動かなくなってしまった車。これは「不動車」と呼びます。この場合は、「下取り」と言う事は難しい、というかまず無理です。

 

レッカー等で移動してもらって、修理するか廃車にするか、と言う事になります。

 

 

愛車を少しでも高く売る方法

 

事故にあった車であっても、出来れば高く売りたいですよね。廃車にする場合でも、出来れば費用はかけたくありません。

 

 

自走可能な車の場合

 

車の査定は、実はどこで査定を受けるかによって、金額は大きく変わってきます。

 

ディーラーの下取りと、車専門店の買取では、平均で「買い取りの方が17万円高く売れる」、とうデータもあります。

 

ディーラーは新車を売ることが本業ですので、車の下取りに関しては積極的ではありません。事故車であればなおさらです。

 

一方、車買取専門店は、車を買い取ることが本業ですので、「欲しい!」と思った車は他と競ってでも高値の査定を付けてきます。

 

参考記事:車の下取り VS 買取り|高く売れるのはどっち?その理由は?

 

事故歴、修理歴のある車でも、ディーラーの下取りよりも、買取専門店も方が高く売れる可能性が高いです。

 

日本車の中古車は、海外では大変人気があります。年式が古くても、走行距離が多くても、修復歴があっても、安心のブランドなのです。

 

ですので、海外に輸出ルートを持っている業者は事故車であっても積極的に買い取るのです。

 

一度、こちらのサイトで確認してみてください。

 

1回の入力で、複数の買取専門店に見積もりを依頼することができます。

 

かんたん車査定ガイド

 

あなたの車を「欲しい!」と思っている業者が向こうから手を挙げてくれます。

 

また、入力後すぐに最新の査定相場も教えてくれます。

 

 

不動車の場合

 

不動車の場合は、レッカーを呼んで修理工場に移動したもらうか、保管場所まで移動してもらって保管しておくか、と言う事になると思います。

 

車は保管だけしていても、自動車税は毎年かかってきます。放っておくことも勿体ないです。

 

修理の金額が想定よりも高く、「廃車」と判断した場合は、下記のサイトを使ってみてください。

 

通常、廃車手続きは結構ややこしく手間もかかります。また、スクラップにも費用が発生しますが、こちらを使えば全て無料で行ってくれます。

 

廃車ラボ

 

車検が残っている車であれば、自動車重量税・自賠責保険も戻ってきます。