車下取り 廃車|下取りで「廃車です」と言われた時にすべきこと

下取りで「廃車です」と言われた時にすべきこと

車下取り 廃車

 

下取りで「廃車です」と言われた時にすべきこと

 

新車の商談にディーラーに行って、それまで乗っていた愛車の下取り価格を聞いたところ、

 

「もう、廃車ですね。査定金額はつきません。当店で新車を買っていたでけるなら、廃車費用はサービスしますよ。」

 

と言われるケースがあります。この時はショックですね。大切に乗ってきた車なのに。。

 

何とか、お金に代わる方法は無いものでしょうか?

 

 

本当に廃車にするなら税金が戻ってくる

 

「廃車の費用はウチで新車を買ってもらえるなら、サービスしておきますよ」というさきほどのトーク。少し得した気分になってしまいますね。

 

自動車は、正しい手続きを経てスクラップ(解体)され、廃車手続き「永久抹消登録」をした場合は、先に支払った自動車重量税・自動車税が還付されます。
(普通車の場合)

 

ですので、車の解体費用が掛かったにしても、税金の還付金で相殺できる場合も多いので、実際はユーザーは得もしていないのですね。

 

 

中古車事情のニーズは多岐にわたる

 

また、「廃車にする」と言いながら、実は再販する場合も結構あります。

 

例えば、中古車市場には「とにかく安い車が欲しい」というニーズもあるのです。

 

中古車市場では、車両の仕入れ価格と販売価格の差益は、新車ほどないのです。中古車販売業者は、どちらかというと「手数料」で儲けている業者も沢山います。

 

そんな業者に、ディーラーはタダで下取りした車を売るのですから、丸々儲けになります。

 

 

海外では日本車は古くても人気車種

 

また、年式の古い車や走行距離の多い車でも、日本国内では売れなくても、海外では売れる車も多くあります。

 

海外では、日本車のブランドは人気があって、少々古くても走行距離が多くても「バンバン」走っています。

 

日本では「10万キロの心の壁」というものがあって、走行距離が10万キロを超えた車は、査定金額が極端に低くなってしまいます。

 

でも、海外では走行距離10万キロなんて全く問題ありません。走行距離20万キロ以上の車もたくさん走っています。

 

そんな輸出ルートをもっている業者に、タダで下取りした車を売るのですから、これまた丸儲けです。

 

 

愛車の査定相場を調べておく

 

このように、ディーラーで「廃車ですね。」と言われた車でも、実はニーズがあって金額がつく場合も多々あるのです。

 

実際、車の査定価格は「どこで査定を受けるか」によって大きく変わってきます。

 

車の査定には、実は「相場」が存在します。

 

この相場は、毎日全国で行われている中古車オークションの売買価格で決まっています。

 

輸出が得意な業者も参加していますので、国内では売れそうもない車もバンバン取引されています。

 

 

これまでお伝えしましたディーラーでの「下取り」は、通常の車の査定相場よりも安くなるケースがほとんどです。

 

なぜなら、ディーラーは新車を販売することが本業ですので、下取りに関してはあまり積極的ではありません。

 

それに、下取りした車は、労力をかけずに取引のある中古車買取業者に販売するので、その業者に売っても利益を出せる価格、つまり安い査定金額で下取りをするからです。

 

ディーラーではなく、車買取専門業者に直接持ち込めば、ディーラーで「廃車です」と言われた車でも、買い取ってもらえるケースは多くあります。

 

先程お伝えしたように、中古車市場にはニーズが色々あるからです。

 

その業者が海外への輸出ルートをもっていれば、なおさらです。

 

このように、車の査定金額には「定価」と言うものは無く、査定する側の「言い値」なのです。

 

ディーラーに下取りに出すにせよ、中古車買取業者に売るにせよ、1社だけの見積りではその金額が高いのか安いのか判断できません。

 

ですので、愛車の査定相場を事前に把握しておくことが重要です。

 

そうすれば、安く買い叩かれる事も防げます。

 

愛車の最新の査定相場は、こちらのサイトで調べることができます。

 

かんたん車査定ガイド

 

簡単な入力後、すぐに査定相場が分かります。同時に複数の買取業者に見積もりを依頼できますので、最高額で買ってくれる業者と、金額も知ることができます。

 

ディーラーで「廃車ですね。」と言われたら、必ず調べてみるべきです。

 

思わぬ金額が付くかもしれません。