軽自動車の下取り価格は高い、というのは本当?その理由は?

軽自動車の下取り価格は高い、というのは本当?その理由は?

軽自動車 下取り

 

「軽自動車は、売る時に価格が落ちない」

 

「軽自動車はリセールバリューが高い」

 

なんてことをよく聞きます。特に軽自動車のディーラーの営業マンは毎日口にしています。

 

本当に、軽自動車の下取り価格は普通車に比べて高いのでしょうか?

 

今回は、軽自動車の下取り価格(リセールバリュー)についてのお話です。

 

 

★車の査定(リセールバリュー)はどのようにして決まるの?

 

そもそも、車の査定額ってどのようにして決まっているのでしょうか?

 

新車の標準価格?走行距離?ボディカラー?排気量?年式?査定士の趣味?

 

実は、車の査定には「相場」が影響しています。

 

中古車の査定相場は、毎日全国で行われている「中古車オークション」の売買価格によって決まっています。

 

この中古車のオークションは個人での参加はできず、許可をもらった業者のみが参加できます。

 

オークションでは、人気のある車種は高く、そうでない車種は安く取引されます。これは車に限ったことでもないですね。

 

この相場をもとに、査定士は車の状態を見てプラス・マイナスを加えているのです。

 

軽自動車のリセールバリューが高い、といのは軽自動車の中古車は人気がある、ということなのです。

 

人気があれば「高く買い取っても、高く売れる」、人気がないと「安く買い取らないと売れない」ということです。

 

 

★なぜ、軽自動車は人気があるの?

 

2017年7月現在、日本国内で走っている車の4割近くは軽自動車です。

 

街でも本当に良く見かけますよね。

 

では、なぜ軽自動車はこんなに人気があるのでしょうか?

 

軽自動車は維持費が安い

 

軽自動車の人気の理由は、なんといってもその「維持費の安さ」です。

 

毎年かかる「軽自動車税」は10,800円(2015年3月31日までに登録された車両は7,200円)です。

 

普通乗用車であれば、1.5リッターのコンパクトカーでも34,500円です。

 

これだけでも随分差が出ますよね。

 

次に、ガソリン代。軽自動車の燃費は車両重量が軽い分、燃費が良い車が多いです。

 

30km/Lの車も珍しくありません。普通車もハイブリッド車を選べば燃費もいいですが、車両価格がかなり高くなってしまいます。

 

 

軽自動車は取り回しが楽

 

国土の狭い日本は、道路の幅も狭い道が多いです。

 

郊外などでも区画がきちんと整備されていない、入り組んだ細い道で怖い思いをした方も多いことでしょう。

 

軽自動車は、車幅も当然普通車よりも狭いので、細い道の行き違いも楽です。

 

また駐車場での車庫入れも、小回りがきくので簡単です。

 

このような理由で、軽自動車は人気があるのです。

 

 

★全ての軽自動車が高く売れるわけではない

 

では、軽自動車はどんな車でもリセールバリューが高いのか?というとそうでもありません。

 

やはり、人気の車種が高く売れるのです。

 

今人気の車種と言えば、スズキのジムニー(この車種は一部の根強い熱狂的なファンがいます)、ワゴンR・タントカスタム・ウェイクなどのハイトワゴンタイプ、ですね。

 

 

★一番大事なのは「どこに売るか」ということ!

 

軽自動車の下取り価格が「高め」であることは、ここまでお伝えした通りです。

 

「よしよし、軽自動車を買っておいてよかった。さぁ買い替えだ!」

 

となる気持ちはわかりますが、チョッと待ってください!

 

一番大事なことは「どこで愛車を手放すか」ということなのです。

 

車は新車であれば「車両標準価格」が決まっています。

 

そこから、どれだけの値引きとサービス品がつくか、みなさん躍起になったはずです。

 

でも、車の査定金額には「定価」はありません。査定する側の「言い値」なのです。

 

軽自動車でも、どこで査定を受けるかによって、20万円以上変わってくることも珍しくありません。

 

先程、車の査定には「相場」があるとお伝えしました。そして、相場は中古車オークションに参加している業者が握っています。

 

我々ユーザーには「最新の査定相場」はわからないのです。

 

ネットに上がっているのは、過去の取引結果だけで「最新の相場」は載っていません。

 

この最新の相場を一般ユーザーが知らないことを、査定する側も理解しています。

 

つまり、相場よりも安く査定されても気づかないのです。

 

特に新車ディーラーは、新車の販売が本業ですので、下取り価格は相場よりも安いケーズがほとんどです。

 

ディーラーでは、下取り価格と新車の値引きが混同されてしまって、安く買いたたかれても気づかないのです。

 

また、車買取専門店はディーラーよりも高い査定金額を出してきますが、相手も商売です。

 

「できるだけ安く買い取りたい!」と考えています。

 

ですので、車の買い替えを考えだしたら、愛車の最新の査定相場を把握しておくことが重要です。

 

「最新の査定相場って、我々ユーザーはわからない」、とお伝えしましたが、こちらのサイトを使えば、簡単に知ることができます。

 

かんたん車査定ガイド

 

わずかな入力後、すぐに愛車の最新の査定相場を教えてくれます。

 

同時に、最大10社に見積もりを依頼できますので、最高額で買ってくれるお店と金額もわかります。

 

無料ですので、一度試してみてはいかがでしょうか。