車下取り 見積もり|新車の値引きと調整される下取り査定に注意!

車下取り 見積もり|新車の値引きと調整される下取り査定に注意!

下取りの見積もり

 

新車の値引きと調整される「下取り査定」に注意!

 

車を買い替える時、欲しい車が決まると、ディーラーに行って見積書をもらいます。

 

その時、ディーラーでそれまで乗っていた愛車を下取りに出す場合は、下取り車にお対する査定金額が計算され、総支払額から下取り金額分が減算されることになります。

 

この下取りの見積金額は、結構「不透明」というか、分かりづらい金額であります。

 

今回は、「下取りの見積もり」について考えてゆきます。

 

 

見積書に記載される「下取り」に関する金額

 

1.下取り車両金額
これまで乗っていた愛車が「いくらで引き取られるか」を記載した金額です。

 

当然この金額は、支払金額から減算されますので、少しでも高く査定してほしいところです。

 

2.下取り査定費用
愛車の査定を行うための費用です。ディーラーではまだ、一般的に見積書に記載されることが多いですが、車買取専門店などでは、ほとんどかからない費用です。

 

だって、この見積書を提示するために、ある程度の査定は終わっているはずです。これは、最終的にはカットしてもらいましょう。

 

3.下取り手続き代行費用
これも、ディーラーでは計上されますが、買取店では、ほとんど計上されません。下取りした車の名義を自社に切り替えたりするための手続きに関わる費用です。

 

これも少しおかしな話で、本来名義変更は次のオーナー(この場合はディーラー)が行うのが普通です。これもカットしてもらうよう、交渉しましょう。

 

 

重要なのは、新車の値引き金額だけではない!

 

新車の見積書をもらった時に、どこに注目しますか?

 

やはり、「値引き」「サービス品」ではないでしょうか。

 

値引きは支払に直結する項目ですので、当然真っ先に目がゆきますよね。そして、何をサービスしてくれるか、も気になるところです。

 

でも、もうひとつ注目すべきことがあります。それは、先ほどの「下取り価格」です。

 

車の査定には、決まった金額=定価というものはありません。まったく同じ状態の車が存在しないので、ある意味当然です。

 

また、「車の査定相場」は存在していますが、日々変動しているため、インターネットや雑誌で調べても、最新の相場は載っていません。

 

そのために我々ユーザーは、下取り査定金額の妥当性を判断することが難しいのです。

 

ディーラーも、このことを良く知っています。

 

本当なら80万円の相場の下取り車でも、

 

「いや〜。奇麗に乗っていらっしゃいますね〜。でも走行距離が少し多めなので、通常なら60万円の下取りです。」

 

「でも当店で新車を買っていただけるなら、特別に店長から70万円の下取りとプラス5万円の値引きの承認をもらってきました!」

 

こんなことは、良くあります。実際には、ユーザーは5万円も損しています。

 

全てのディーラーとは言いませんが、新車の値引き金額を大きく見せるために、下取りを相場より低く見積もって、その分を値引き金額に上乗せするケースも少なくありません。

 

だって、ユーザーの最大注目項目は「値引き金額」ですので。

 

 

じゃあ、どうしたらいいの!?

 

一番賢い方法は、ディーラーの見積もりをもらう際に、「下取り車、無し」での見積もりを、まずはもらいましょう。

 

そこで、競合車種や他店の値引きなどを引き合いに出して、最大限の値引きを引き出しましょう。

 

そして、「もうそろそろ限界かな」と思ったら、「下取り車、あり」の見積もりをもらいましょう。

 

この時に注意すべきことは、事前に、愛車の最新の査定相場を把握しておく、という事です。

 

そうでないと、下取り価格が、相場よりも安く見積もられても気が付きませんし、下取り査定は車種によっては20万円以上の差がつく事もあるのです。

 

最新の査定相場は、こちらのサイトで簡単に調べることができます。わずかな入力後、すぐに愛車の最新の相場を教えてくれます。

 

かんたん車査定ガイド

 

また、複数の車買取店に見積もりを依頼できますので、最高額で買い取ってくれるお店と金額も分かります。

 

ディーラーの見積書と、ここで調べた金額を比較して、愛車を高く売りましょう。

 

かなりの金額を、得することができますよ。