車下取り キャンセル|下取り予定の車、キャンセルできるの?

車下取り キャンセル|下取り予定の車、キャンセルできるの?

下取り契約書 キャンセル

 

下取り予定の車、キャンセルできるの?

 

車をディーラーで買い替える時に、それまで乗っていた車を下取りに出すケースは多いと思います。その場合、新しく購入する車の代金から下取り車のか買うを引いた金額を支払います。

 

新車を注文する時には、下取り金額にも納得して契約したけれど、

・身内や知人に、下取り金額でその車を売って欲しいと言われた。

 

・車買取専門店に持ってゆくと、下取り価格よりも高い金額を提示されたので、そちらで売却したい。

など、一旦決めた下取りをキャンセルしたい状況になった時に、キャンセルは可能なのでしょうか?

 

 

契約書を甘く見てはいけない

 

基本的に、契約書(注文書)を交わした時点で、双方合意したものとみなし、契約は成立しています。そのあとで、一方的にキャンセルすることはできません。

 

これが可能なら、契約書に押印する意味が無くなってしまいます。

 

新車の購入を契約して、その新車をキャンセルしたい、というとディーラーも大騒ぎになります。自動車は受注生産ですし、メーカーオプションも既に取り付けられているかも知れません。

 

ましてやナンバープレートも取得して登録が終わっている状態なら、まずキャンセルは出来ないでしょう。どうしてもキャンセルする!と言い張れば、損害賠償の話にまでおよぶことでしょう。

 

今回は、下取りに出す車をキャンセルしたい、という内容ですので、こちらは「状況次第」と言えると思います。

 

 

下取り車をキャンセルできるかどうかはディーラー次第

 

少し曖昧な話になってしまいますが、判断はディーラー次第という事です。どういう事かと言えば、ディーラーの新車の見積書は非常に不透明であり、「値引き」と「下取り」の金額が調整されている事が多いのです。

 

例として、新車の車両価格200万円 下取り査定50万円 値引き20万円というケースがあったとします。

 

ディーラーは、他店の値引きに対抗するために、下取り価格を40万円、値引き30万円、という見積もりを出すこともよくあります。このケースで下取りをキャンセルされると、ディーラーは10万円利益が減る事になります。

 

ですので、下取りのキャンセルに対しては。「はい、分かりました!」とは言わないかもしれません。

 

でも、ディーラーは新車を何としてでも売りたいので、「全てNO!」と言う事は無いと思います。新車を売るために、何らかの調整をしてくれると思います。ディーラーの判断が入ってくると言うのは、こういう事です。

 

いずれにせよ、キャンセルを本気でしたいのなら、少しでも早くディーラーに伝える事が肝心です。

 

 

車の下取り価格が妥当かどうかを知る方法

 

これまでお伝えしました様に、契約をキャンセルするのは色々と大変です。事前によく考えて、納得してハンコを押すことが重要です。

 

ディーラーの下取り価格が、契約後に相場よりも安いことが判明した、とならないためにも、車の買い替えを考えだしたら、愛車の査定相場を知っておく事をお勧めします。

 

車の査定相場は、中古車オークションの売買価格に連動しているので、インターネットで調べても「最新の相場」はでていません。ですので、下取り査定額を聞いても、その金額が安いのか高いのか、判断できないのです。

 

それよりも、新車の値引きやサービス品に目が行ってしまうのですね。でも、車の査定額はディーラーの下取りよりも、買取専門店の方が高い傾向にあります。

 

では、どうすれば愛車の最新の査定相場がわかるのでしょうか?

 

こちらのサイトで調べることができます。

 

かんたん車査定ガイド

 

簡単な入力後、すぐに愛車の最新の査定相場を教えてくれます。同時に、複数の買取専門店にも見積もりを依頼できますので、最高額で査定してくれる業者と金額もわかりますよ。