車の下取りに住民票が必用な場合はどんな時?【車下取りナビ】

車の下取りに住民票が必用な場合はどんな時?

住民票 下取り

 

自動車の下取りに「住民票」が必要なケースとは?

 

車の売却・下取りなどで所有者が変わる「名義変更」を行うには、「印鑑証明」を添付して手続きを行う必要があります。

 

この印鑑証明と車検証の住所が異なる場合は、住民票の添付が必要です。

 

車を購入してから、引越しなどで住所が変わっている場合ですね。

余談ですが、本来引越して住所が変わった場合は、車検証の記載事項が変更になるわけですから、手続きを行っておく、というのが規則になっています。

 

毎年5月に送られてくる自動車税の納付書は、車検証の住所をもとに送られてきますので。

 

印鑑証明の住所と、車検証の住所が異なるので、住民票を添えて、そのつながりを証明するわけです。

 

 

住民票だけではダメな場合もある。

 

普通なら先程の手続きでOKなのですが、稀に他にも書類が必要な場合があります。

 

それは、何回も引越しをしていて車検証の住所変更もしていない、というケースです。

 

住民票には、現在の住所と、ひとつ前の住所までしか記載が有りません。ですので、それ以上引越しをしている場合には、車検証の住所までたどり着けないのです。

 

そうそう有ることではないでしょうが、転勤の多い方などではあり得るケースですね。

 

この場合は、「戸籍謄本の附表」が必要になってきます。戸籍の附票(こせきのふひょう)は、これまでの住所の「移転履歴」を記録している書類です。

 

これは、本籍地の役所でしか交付してもらえませんので、本籍地が遠隔地の場合には、郵送請求(取り寄せ)で送付してもらう事も可能です。

 

 

貴方の愛車の下取り価格、相場より安くないですか?

 

車の下取りに必要な書類を調べていらっしゃる、と言う事は、下取りに出す準備をされているのでしょうか?

 

車の査定価格には決まった価格は無く、査定する側の「言い値」です。提示された価格が安いのか高いのか、なかなか判断できません。

 

実は、車の査定には「相場」と言うものがあります。毎日行われている中古車のオークションの価格をもとに査定相場は決まっています。

 

本来、その相場が下取りにも反映されるべきです。ただ、残念なことにディーラーは新車を売ることが本業であって、車の下取りについては、あまり積極的ではありません。そこに労力をかけないのです。

 

ディーラーは、日々の査定相場をチェックすることも無いので、相場よりも安い金額で査定することが大半です。

 

ですので、愛車の最新の査定相場を把握しておくことは重要です。下取り価格の妥当性が判断できますから。

 

愛車の最新の査定相場は、こちらのサイトを使えば簡単に調べることができます。

 

かんたん車査定ガイド

 

わずかな入力後、すぐに愛車の査定相場が分かります。同時に複数の買取専門店に見積もりも依頼できますので、最高額で買い取ってくれる業者と金額も分かります。

 

ここでの金額をディーラーとの下取り交渉に使うも良し、最高額で買い取ってくれる業者に売るも良し、です。