車下取り 書類|自動車の下取りに必要な書類とは?車下取りナビ

車下取り 書類|自動車の下取りに必要な書類とは?

自動車下取り 書類

 

自動車の下取りに必要な書類とは?

 

自動車を下取りに出す場合には、いくつか必要な書類があります。必要な手続きは、新しく購入するお店で大体は行ってくれす。

 

必要となる書類も、営業マンが指示してくれますので、言われた書類を用意して、必要箇所に印鑑を押すだけ、といった感じです。

 

準備に少し日数の必要な書類もありますので、事前に「どんな書類が自動車の下取りに必要なのか」、知っておくと間際に慌てることもなくスムーズにいきます。

 

 

自動車の下取りに必要な書類

 

1.自動車検査証(車検証)

 

車検証は、車の所有者やその自動車に関する情報が記載された重要な書類です。車検証の住所から、引越しなどで住所が変わっている場合は、別途住民票が必要となります。

 

車検証は、運転する際には所持が義務付けられています。通常は、助手席のダッシュボードに入っていると思います。

 

万が一、紛失した場合は、運輸支局で再発行の手続きを行う事が可能ですが、平日しか業務をしていませんので、ご注意ください。

 

2.自賠責保険証明書

 

車検の際に強制的に加入する自賠責保険の保険証です。これも車検証と一緒に保管されていると思います。

 

 

3.自動車税納税証明書

 

毎年、4月1日時点で車を所有している方に対して5月上旬に送付される自動車税の納付証明書です。コンビニや郵便局で支払った際に、受領印がつかれます。

 

これは自分で納める事と、証明書は小さいので失くさないように、納付が完了したら速やかに車検証と一緒にしておきましょう。

 

もしも紛失した場合は、事前にナンバープレートのの都道府県の都税・県税事務所や、運輸支局場内の自動車税事務所等で自動車税納税証明書(継続検査用)の再発行を行いましょう。

 

4.委任状、譲渡証明書

 

これはお店が用意してくれます。下取りされた車の名義変更に必要な書類です。

 

5.実印(軽自動車は認印でも可)

 

6.印鑑証明書(3か月以内のもの、軽自動車は不要)

 

7.自動車リサイクル券

 

以上が自動車の下取りに必要な書類です。車の購入に必要な書類も別途ありますが、それもお店が予め指示してくれます。

 

車検証の住所と印鑑登録の住所が違う場合は、住民票が必要となります。また、複数回引っ越しで住所が変更されている方は、戸籍の附票または住民票の除票が必要です。

 

ご結婚などで姓が変わられた方は、戸籍謄本が必要になります。事前に営業マンに確認しておきましょう。

 

ディーラーでの下取りには、「下取り査定料」や「下取り手続き代行手数料」などの費用が計上されてきます。

 

これはカットできる費用ですし、買い取り専門店では一切かからない費用です。

 

下取り

 

下取りに出す前に、知っておくべきことがある

 

ディーラーに買い替えで愛車を下取りに出すのは、手続きの窓口がひとつで済みますので、とても楽ちんです。

 

でも、それではかなりの金額を損してしまう可能性が高いです。

 

新車の値引き金額やサービス品についてはかなりシビアに交渉しますが、下取り金額についてはいかがですか?

 

交渉しようにも、下取りの相場が分からないので、ディーラーの提示する金額が妥当だ、と思ってしまいがちです。

 

でも、ディーラーの下取り金額は、相場よりもかなり低いケースがほとんどです。なぜなら、ディーラーは新車の販売が本業で、下取りに関しては積極的ではないのです。

 

ディーラーの下取り価格が安いホントの理由

 

付帯業務の一環として行われますので、相場よりも安く引き取って手間をかけずに、取引業者に再販するのです。

 

ですので、せめて事前に愛車の最新の査定相場は把握しておくべきです。

 

そうすることで、安く買いたたかれることを防げますし、下取りの金額交渉もできますよね。

 

インターネット上には「最新の査定相場」は載ってはいませんが、業界のデータを集めたこちらのサイトで簡単に調べることができます。

 

かんたん車査定ガイド

 

簡単な入力で、すぐに愛車の査定相場が分かります。また、同時に複数の車買取業者に見積もりを依頼できますので、最高額で買い取ってくれる業者と金額も分かります。

 

ディーラーとの交渉に使うもよし、そのまま最高額で売ってしまうもよし、です。

 

 

関連記事:車の下取り VS 買取り|高く売れるのはどっち?その理由は?

 

2017年6月12日更新