車下取り ナビ|カーナビを取り外すと下取り査定に影響する?

車下取り ナビ|カーナビを取り外すと下取り査定に影響する?

カーナビ

 

カーナビを取り外すと下取り査定に影響する?

 

車を下取りに出す時、付属品の取り扱いについては、結構悩む事もありますよね。

 

その車種にした装着できないフロントグリルやマフラーならまだしも、カーナビゲーションやETCなどは、新しい車にも装着できますから。

 

今回は、「カーナビは査定にどれくらい影響があるのか?」について考えたいと思います。

 

 

カーナビの種類によって、査定への影響が変わってくる

 

一言でカーナビと言っても、いくつかのタイプ(種類)に分類できます。

 

・メーカー標準(純正)ナビ
これは取り外しても、他の車で動作する保証はないですし、取り外すことによって、エアコンが操作できなくなる、等の問題が起こる可能性もあります。

 

・ディーラーオプションのナビ
ディーラーに新車が納車された時に付けているナビですので、取り外して他の車につけることも可能です。付け替えるか、悩むところですね。

 

・社外のナビ
通信販売やオートバックスなどの量販店で購入したナビです。こちらも、取り外して他の車につけることが可能です。購入時の選択肢も多く、こだわりをもって購入されたケースもあることでしょう。

 

・ポータブルナビ(外付け型)
インパネに埋め込むのではなく、パネルの上やアームで取り付けるタイプのナビです。シガライターソケットに指すだけで電源も取れますので、簡単に取り外しができます。当然、他の車にも装着できます。

 

 

下取り査定にどれくらい影響があるの?

 

では気になる下取りにどれくらい影響があるかを考えてみましょう。先程のメーカー純正ナビの場合は、取り外しは考えない方がいいです。その理由は、お伝えした通りです。

 

ポータブルナビの場合は、取り外してもほとんど影響はありません。一応ディーラーに聞いてみてもいいかと思いますが、インパネに穴が開くわけでもないので、影響はほとんどないと思います。

 

問題は、ディーラーオプションと社外のナビです。どちらも取り外して、新しい車でも使えますので、非常に迷うところですよね。

 

実際は、「どんなナビがついているか」で査定は大きく変わってきます。最新のものか5年以上前のものか、ハードディスクナビかDVDナビか、などによって査定は変わってきます。

 

DVDナビは査定にプラスに影響することもありませんが、そのままにしておきましょう。なぜなら、取り外しにおもお金がかかりますし、インパネが空いたままの状態だと査定がマイナスになります。

 

最新の20万円以上したハードディスクナビなら、付け替えや、単体でオークションで売る事も考えられます。

 

このような場合は、下取りの査定の際、「ナビがある場合と、無い場合の見積もりを下さい。」といってみてください。その差額がナビの評価ですので、どうするかはその金額を基に考えるといいと思います。

 

 

ナビの評価も気になるが、もっと大事な事がある

 

カーナビの評価も気になりますが、それ以上に大きく金額に影響する事があります。それは、愛車の査定価格です。

 

車の査定金額には決まった価格と言うものは無く、査定する側の一方的な「言い値」です。その金額が高いのか安いのか、なかなか判断できません。

 

比較する方法が無いので、ある意味仕方ないですが、安く買い叩かれているケースも少なくないのです。

 

ですので、こちらも情報をもっておく必要があります。その情報とは、愛車の最新の査定相場です。査定には相場があって、業者をそれを把握しています。

 

我々ユーザーが把握するには、こちらのサイトで調べることができます。

 

かんたん車査定ガイド

 

簡単な入力後、すぐに愛車の査定相場が分かります。ディーラーの下取りよりも買取専門店の方が平均で17万円高く売れた、というアンケート結果もありましたよ。