故障車の下取りは可能なの?査定はつくの?【自動車下取りナビ】

故障車の下取りは可能なの?査定はつくの?

故障車 下取り

 

車を買い替える理由として、「故障」もその一つだと思います。

 

サイドミラーが電動で開かなくなった、エアコンが効かなくなった、パワーウインドウが動かなくなった、など車は機械ものですので、いつかは必ずどこかが故障します。

 

それを修理するか、買い替えるか、悩むところでもありますね。

 

今回は、故障車の査定についてのお話です。

 

 

故障車の査定って、どんな感じ?

 

では、故障車の査定について考えてゆきたいと思います。故障の箇所にもよりますが、故障のある車は、故障の無い車と比べると、当然査定は低くなります。

 

下取りをして、また中古車として再販するには、その故障を修理する必要があるからです。

 

一般的な修理代を例に挙げてみたいと思います。

パワーウィンドウ修理 4万5千円位

 

サンルーフ修理 8万円位

 

エアコン修理 20万円位

 

ATミッション交換 70万円位

当然、車種や修理工場によって金額は異なりますが、大体これ位かかってくるようです。

 

余談かも知れませんが、車の故障に対して車両保険はききません。車両保険は事故の救済を目的としたもので、故障を対象としていないのです。

 

「不慮の事故」は適用されますが、「不慮の故障」には適用されません。

 

 

じゃあ修理してから査定を受ける?

 

査定金額が下がってしまうなら、修理にだしてから査定を受けるべきでしょうか?

 

答えは「NO!」です。

 

その理由は、修理にかかる費用よりも、査定金額が高くなる可能性は「限りなく低い」からです。

 

通常、ディーラーや車の買取業者は自社に修理工場をもっています。

 

ですので、原価で車の修理が可能です。我々ユーザーが修理工場に持ち込むと、当然その工場の利益を乗せた金額を請求されます。

 

故障した車を手放す場合は、そのままの状態で査定を受けましょう。その方が金銭的にも損をしなくて済みます。

 

故障車の修理

 

それよりも、もっと大事なことがある

 

故障個所のある車は、査定が悪くなる事はお伝えした通りです。でも、できるだけ高い金額で車を下取りして欲しいですよね。

 

実は車の査定において、もっと大切なことがあります。それは、「どこで査定を受けるか」と言う事です。

 

ディーラーの下取りは、車の買取り店よりも平均で17万円も査定が低い、というアンケート結果もあります。故障車の場合は、もっと金額が開く可能性が高いです。

 

なぜなら、ディーラーは新車を売ることが本業ですので、車の下取りについては力を入れていません。

 

故障車の場合は特に、「当店で新車を買ってもらえるなら、その車、サービスで引き取りましょうか」くらいの感じです。

 

査定が0円、となる可能性もあります。

 

一方、車の買い取り専門店というものがあります。

 

その名の通り、車を買い取ることで商売をしている会社です。車の買い取りは「仕入れ」そのものですので、「欲しい!」と思った車は、積極的に高値で買い取ります。

 

少々の故障でも、自社の整備工場で原価で直すことができます。

 

また、販売ルートも多岐にわたっていて、海外に輸出のルートを持っている会社は、少々年式が古くても、走行距離が多くても、結構な査定額をつけてきます。

 

海外では、日本車は人気ブランドですので、日本国内よりも高く売れたりするのです。

 

ですので故障車であっても、あなたの車を「欲しい!」と思ってくれるお店に売ることが、最良の方法です。

 

では、どうすればそのようなお店を探すことができるのでしょうか?1軒1軒中古車センターを回るのも大変ですよね。

 

こちらのサイトを使えば、1回の簡単な入力で、あなたの車をしいと思っているお店が探せます。というか、手を挙げてくれます。

 

かんたん車査定ガイド

 

複数のお店に、査定の見積もりを依頼できます。

 

また、同時に、最新の愛車の査定相場も教えてくれますので、査定の見積もりをもらった時に、金額の妥当性を判断する材料にもなります。

 

無料ですので、一度試してみてはいかがでしょうか。