車下取りローン残債|まだローンが残っている車の下取りは可能?

ローンが残っている車の下取りは可能なの?

自動車ローン 残債

 

「車を買い換えよう」と思った時、今の車にローンの残債がある場合は、どうしたらいいのでしょうか?手続きはややこしいのでしょうか?

 

今回は、ローンの残債と下取りについてのお話です。

 

 

車の所有者が誰になっているかを確認する

 

自動車をローンで購入した場合、その車の所有者がローンを組んだ信販会社や、車の販売店になっていることがあります。

 

「所有者」が販売店や信販会社で、「使用者」があなたのお名前になっている状態ですね。車の所有者とは、「車検証」に書かれている「所有者」欄の名前です。一度、車検証を確認してみてください。

 

この場合、車の名義変更を行う事が出来ません。つまりは、車を勝手には手放せない、と言う事になります。

 

 

どうしたら車を買い替えられるの?

 

ローンの残債が残っている場合は、そのローンを完済して、自動車の「所有権解除」を行う必要があります。残っているローンを完済して、所有者をご自身に変更する、という事です。

 

そうすれば、誰に車を売ろうが、あなたの自由にできます。

 

でも、一括で完済できればいいですが、そうもいかない事も多いですよね。

 

その場合は、ディーラーの営業マンに相談してみると、対応してくれると思います。新しく購入する車に、今のローンの残債を加えた形で、新たなローンを組むことも可能でしょう。※毎月の支払額が当然上がりますので、よくお考えになってからにして下さいね。

 

また、車を買取専門業者に売ることも可能です。この場合は、買取専門店との相談になりますが、買取専門店に買い取ってもらった金額とローンの残債の差額を精算する方法です。

 

買取額の方が高ければ、当然差額は現金でもらえます。逆にローンの残債の方が高ければ、その分を現金で支払うか、新たにローンを組むか、になります。※買取り店によって対応は異なる場合があります。

 

 

ローンの残債も気にるが、もっと重要なことがある

 

それは、車の査定金額です。ローンの残債があろうが無かろうが、車の価値(査定額)は変わらないはずです。(手数料は少し加味されるかもしれません)

 

ですので、ローンの残債があるからと言って、言われるままの査定額で車を手放すのは、非常に勿体ないです。

 

なぜなら、ディーラーの下取り査定額は、車の査定相場よりもかなり安くなってしまう事が多いです。

 

ディーラーは、新車を売ることが本業ですので、下取りに関しては積極的ではありません。査定相場にも敏感ではないので、「非常に無難な査定金額=相場よりも低い査定金額」で見積もってきます。

 

下取りの査定金額で、他と競ってくれることは、まずありません。

 

一方、車買専門店は、車を買取ることが本業です。車の買取りは「仕入」ですので、相場にも敏感で、欲しい車は他と競ってでも高値を付けてきます。

 

仕入れた車は、すぐにオークションで売ったり、海外に輸出したりと販路も多彩ですし、何よりもスピードがディーラーとは違います。

 

車の価値は、毎日下がってゆきますので、このことからもディーラーの査定金額が低く設定されている事が分かります。

 

 

愛車の査定相場を知っておこう

 

これまでのお付き合いや、窓口は一つの方がいい、と言った理由でディーラーで買い替えをされる方も多い事でしょう。

 

その場合でも、愛車の最新の査定相場は把握しておくべきです。車の査定金額には、決まった金額と言うものは無く、査定する側の「言い値」です。

 

自動車の最新の査定相場は、我々ユーザーの目につくところには有りません。毎日変化していますから、当然と言えば当然ですね。

 

でも、こちらのサイトを使えば簡単に調べることができます。

 

かんたん車査定ガイド

 

簡単な入力後、すぐに愛車の査定相場が分かります。同時に、複数の買取業者に見積もりを依頼できますので、最高額で買い取ってくれる業者と、その価格も分かります。

 

愛車が最高額で売れれば、ローンの残債を減らすことにもなりますよ。