車下取り 10年|年式の古い車に下取り価格はつくの?

車下取り 10年|年式の古い車に下取り価格はつくの?

車下取り 10年落ち

 

車の買い替えを考えた時、愛車の下取り価格はとても気になるところです。誰でも「出来るだけ高く引き取って欲しい」と思う事でしょう。

 

でも、年式が古く10年以上乗っている車に、下取り査定はつくのでしょうか?「車は10年、10万キロで査定は0円」なんて事も聞いたりします。実際のところはどうなのでしょうか?

 

 

10年落ちの古い車に、査定がつかないホントの理由

 

自動車は10年で寿命を迎えるのでしょうか?

 

答えは「NO」です。

 

走行距離が20万キロを超えて、エンジンもボディもボロボロの状態で有れば、寿命と言えるかも知れませんが、今の国産車であれば、メンテナンスさえキチンとしていれば、20万キロの走行距離で走れなくなることは有りません。

 

年式で考えても10年で寿命となることは非常に「まれ」です。

 

では、まだまだ走れるにも関わらず、どうして年式の古い車には査定がつかないのでしょうか?

 

それは、「人気がない」からです。中古車の価値は、人気で決まります。店頭に並べても、売れないから、「価値がない」と評価されるわけです。

 

キチンとメンテナンスをして大事に乗ってきた、まだまだ走れる車でも、査定が低い理由はそこにあります。

 

余談ですが、年式が古くても「クラシックカー」と呼ばれるような希少車は、高い値段で取引されています。

 

 

10年落ちの車を欲しがる人がいる!?

 

人気が無いから、売れないから、年式の古い車には査定がつかない、と書きましたが、実はその車を「欲しい!」と思っている人がいます。

 

それは、海外のユーザーです。

 

どういう事かと言えば、日本国内では「10年、10万キロ」は車の価値のひとつの区切りになっています。しかし、海外ではそのような概念はありません。

 

大陸を移動する人たちにとって、10万キロなんてアッという間に走行するのです。年式に関しても10年落ちであろうが、キズやサビ、凹みがなければ「綺麗な車」となるわけです。

 

特に、日本車は「信頼のブランド」としての人気も高く、年式や走行距離に関わらずに売れています。国内と海外では需要も異なるわけです。

 

 

愛車の最新の査定相場を知っておこう

 

ここまでで、お分かり頂いたと思いますが、車の査定には決まった価格はありません。査定する側の、いわば「言い値」なのです。

 

どこで査定を受けるかによって、査定金額は大きく異なります。ですので、車をディーラーに下取りに出すにせよ、買取専門店で売るにせよ、まずは愛車の最新の査定相場を知ってくことが重要です。

 

そうすれば、愛車を相場よりも安く買い叩かれなくて済みます。

 

愛車の最新の査定相場は、こちらのサイトで調べることができます。

 

かんたん車査定ガイド

 

簡単な入力後、すぐに愛車の査定相場を教えてくれます。また、同時に複数の買取り業者に見積もりを依頼できますので、最高額で買取ってくる得る業者と金額も分かりますよ。