車下取り 10万キロ|過走行車に下取り査定はつくの?

車下取り 10万キロ|過走行車に下取り査定はつくの?

走行距離10万キロ

 

愛車の走行距離が10万キロを超えてくると、「買い替えるか、乗りつぶすか?」、考えるところですよね。

 

買い替えの場合は、愛車の下取りの査定額も気になります。今回は走行距離が10万キロを超えた車の下取りについて、考えてゆきます。

 

 

走行距離10万キロは車の寿命か?

 

一昔前までは、「車の走行距離は10年、10万キロ」という事も言われていました。実際はどうなのでしょうか?

 

今の国産車であれば、普通にメンテナンスを行っていいれば、10万キロで寿命がくる、なんてことは「まずあり得ません」。

 

エンジン本体は、30万キロは大丈夫と言われています。30万キロも走れば、タイミングベルトや、足回りなど、色々なところにも交換が必要な部品はでてきますが、車が動かなくなってしまう、と言う事は有りません。

 

そういう意味では、修理さえ続ければ、車の寿命は「無い」と言う事になります。

 

でも実際は、修理コストが年間30万円かかる、もう修理部品がメーカーにも無い、などの状態になると、車の寿命と考えられます。

 

 

10万キロの車でも下取り査定はつくの?

 

先程も話にでた、「車の寿命は10年10万キロ」と言うのは、まだ日本国内では一つの大きな区切り、という概念は残っています。

 

ですので、それ以上の年式や走行距離の車は、中古車市場でも「人気」がありません。人気が無い、と言う事は下取りの査定が悪くなる、という事になります。

 

通常ディーラーの下取りでは、過走行車には査定はほとんどつきません。

 

車の価値(査定)は人気と需要できまる

 

少し話はそれますが、車の査定価格は何を基に決まっているのでしょうか?それは、日々行われている、中古車オークションの売買価格が基となっています。

 

オークションですので、人気のある車は高く、人気の無い車は安く、取引されているのです。

 

車にキズや凹みが全くなく、状態のいい車でも、相応距離が10万キロ以上だと、取引価格は安くなってしまいます。

 

国内のオークションでは、人気(需要)が低いのですね。

 

 

あなたの車の需要を調べてみる

 

日本車の国内での需要は、これまでお伝えしてきましたが、実は、日本車のマーケットは国内だけでは有りません。

 

海外での需要もあるのです。海外では、日本車は安心のブランドで、人気も高くよく売れています。

 

走行距離に関しても、大陸を走る海外では、走行距離が10万キロなんてほとんど気にしません。

 

ディーラーでの下取りでは、このような海外のマーケット等の販路がないので、走行距離が多い車は、ほとんど下取りはつきません。

 

逆に、販路を多く持っている業者は、過走行車でも積極的に買取ります。このように、車はどこで査定を受けるかによって、金額は大きく変わってきます。

 

ですので、一度愛車の最新の査定相場を調べておきましょう。

 

こちらのサイトで簡単に調べることができます。

 

かんたん車査定ガイド

 

簡単な入力後、すぐに愛車の査定相場が分かります。同時に複数の業者に見積もりの依頼ができますので、最高額で買い取ってくれる業者と金額も分かりますよ。