少しでも高く査定してもらうには?【車下取りナビ】

少しでも愛車を高く査定してもらうには?コツはあるの?

査定を上げるコツ

 

少しでも愛車を高く査定してもらうには?コツはあるの?

 

これまで大切に乗ってきた車。できるだけ高い査定額をつけて欲しいものです。

 

愛車の査定を受ける時に、ぜひ知っておきたいポイントがありますのでお伝えしますね。

 

車をキレイにしておく

 

ベタな話ですが、やはり綺麗な状態で査定を受けるようにしましょう。

 

これが査定のアップにはなりませんが、逆にマイナスになることを防げます。

 

泥や水アカで汚れた状態だと、細かなキズや凹みが目立たなくて○、なんて話も聞いたことがありますが、それは間違いです。

 

査定する側もプロですので、余計に目を凝らしてキズや凹みを探します。本来、目につかないようなところまでチェックされますので、マイナスが増える可能性があります。

 

出来るだけきれいな状態で、査定を受けましょう。ボディだけではなく、車内やトランクルームもキレイにしておきましょう。

 

大切に乗ってきた証しでもありますから。

 

 

付属品は大切に保管

 

車を買った時についてきた付属品は、失くさないように大切に保管しておきましょう。付属品の中でも

取扱説明書・整備手帳・保証書・スペアキー

は特に重要です。スペアキー以外は、車検証や納税証明書と一緒にダッシュボードに入れておくのが一般的です。

 

 

交換した純正パーツも用意しておく

 

社外アルミホイールなどに交換している場合は、純正品も保管しておきましょう。キズのあるホイールよりも綺麗な純正ホイールの方が査定が良いケースもあります。

 

エアロパーツを装着している場合は、そのままの方が良いかも知れません。エアロ装着時に明けた穴などがあると、マイナス評価になります。

 

エアロも好みが分かれますので、評価の基準も分かれるところです。

 

 

ここ重要:1社の査定額だけで判断しない

 

車の査定には決まった価格と言うのはありません。ですので、査定する側の「言い値」でもあるのです。

 

提示された査定額が「高いのか」「安いのか」判断するのは難しい事です。だって、他に比べるものが無いのですから。

 

車の買い替えの場合、新しく購入する車の値引きやサービス品には熱心になりますが、下取り価格については言われるまま、と言う方が結構います。

 

これは本当に勿体ない事です。

 

なぜなら、ディーラーの下取り価格は、買取専門店より平均で17万円も安い、というアンケート結果があります。

 

ディーラーは新車を売ることが本業なので、車の下取りにはあまり力を入れません。ですので、相場よりも安い、リスクの無い金額で査定額を提示します。

 

「当店で新車を買ってもらえるなら、その車、引き取りますよ」と言った感じです。

 

一方、車買取専門店と言うものがあって、そちらはその名の通り、車を買い取って再販する事が本業です。欲しい車は、競ってでも高値を付けてきます。

 

この買取専門店の間でも、同じ車に対して査定額は異なります。

 

ですので、愛車の査定は1社ではなく、複数の業者から見積もりをもらうべきです。そうしないと、結構な金額をソンしてしましいます。

 

こちらのサイトを使えば、1回の簡単な入力で複数の買取専門店に見積もりを依頼できます。

 

かんたん車査定ガイド

 

入力後すぐに愛車の最新の査定相場も教えてくれます。

 

少し手間をかけるだけで、新しく買う車のカーナビ代くらいは浮いてくるかもしれませんよ。