車下取り時期|車の査定は、時期やタイミングに影響されるの?

車下取り時期|車の査定は、時期やタイミングに影響されるの?

車の下取り時期

 

車の査定は、時期やタイミングに影響されるの?

 

車を買い替える時、これまで乗ってきた愛車は出来るだけ高く査定してほしいですよね。

 

高く売れれば、新しく買う車の軍資金が増えることにもなります。

 

下取りは、「タイミング」によって、査定金額が上がったり下がったりすることはあるのでしょうか?

 

今回は、車の査定金額と時期・タイミングについてのお話です。

 

 

車の査定が高くなるタイミングとは?

 

車の査定相場は、中古車市場のニーズ(需要)と連動しています。ですので、需要の高いタイミングは査定が良くなる傾向があります。

 

ボーナス前
消費者が高額な買い物をするタイミングとしては、一番需要の高まる時期です。まとまった金額を頭金として、車を購入するケースは多いです。

 

7月と12月がボーナス商戦になります。

 

年度末の3月
3月は期末(年度末)となる企業が多く、決算数字に影響があるため、販売店は決算セールを実施して販売に力を入れます。

 

ディーラーも新車の販売台数の最後の駆け込みに躍起になり、下取りの査定も通常月よりも、アップする可能性も高くなります。

 

また、購入する側としても、4月になると自動車税が新たにかかってくることもあり、「買い替えは3月中に」という考えの人が多くなります。

 

そいう意味でも、需要の高まる時期と言えます。

 

 

車の査定が低くなるタイミングとは?

 

一方、車の査定が低くなりがちな時期ってあるのでしょうか?

 

モデルチェンジの情報がでた後
自動車は、ある年数が過ぎると、モデルチェンジを行います。このモデルチェンジの情報が発表されると、現行モデルは「1つ前のモデル」となってしまいます。

 

そうなると、やはり査定は低くなります。やはり「古い型」となるので、人気も下がってしまうのです。

 

新年の1月
中古車の価値(評価)の重要なポイントは、年式・走行距離・車の状態です。

 

年式というのは、その車が製造された年ではなく、初回登録された年を指します。

 

また、年式は1月を迎えると、ひとつ年をとることになります。

 

悲しい事に、車の価値は毎日下がっていってしまいます。

 

ですので、1月以降は年式が1年古い車になりますので、査定はその分低くなる可能性が高いのです。

 

このタイミングであれば、できるだけ年内に買い替えを済ませたほうがいいと思います。

 

 

時期も大事だが、もっと重要なことがある

 

車の買い替えの時期は、上記のように査定金額にも影響を及ぼすので、気になるポイントです。

 

でも、実はもっと重要なことがあります。

 

それは、「査定金額はお店によって大きく異なる」と言う事です。

 

車の査定には決まった金額(定価)と言うものは存在しません。査定する側の一方的な提示金額なのです。

 

車の査定には「相場」は存在しますが、最新の査定相場はネットにも雑誌にも載ってはいません。

 

その理由は、査定相場は毎日行われている中古車オークションの売買価格に連動していて「毎日変動する」からです。

 

ですので、我々ユーザーが見ることができるのは、「過去の古いデータ」だけです。

 

最新の査定相場を知らないので、査定金額を提示されても「愛車の下取り査定金額が、相場よりも安いのか、妥当なのか」は我々消費者には判断がつかないのです。

 

査定する側も、そのことをよくわかっています。

 

相場では60万円の車を「頑張って40万円で下取ります!」といわれても、比較するものが無いので「そんなものかな」と思ってしまうのです。

 

車種にもよりますが、査定するお店によって30万円以上も開きがでるケースも少なくありません。

 

ですので、車を下取りに出す前に、愛車の最新の査定相場は、必ず把握しておきましょう。

 

そうすることで、安く買いたたかれる事を防ぐことができます。

 

愛車の最新の査定相場は、こちらで調べることができます。

 

かんたん車査定ガイド

 

簡単な入力後、すぐに査定相場が分かります。また、同時に複数の買取専門業者に見積もりを依頼できますので、最高額で買い取ってくれる業者と金額も分かります。

 

下取り査定と比べて、一番高い査定額を出してくれたところに引き取ってもらうのがベストな方法です。