レクサス IS 250に買い替えました。やっぱり高級車はステキ!

レクサス IS 250に買い替えました。やっぱり高級車はステキ!

 

レクサス IS 250に買い替えました。【体験談】

 

ある日、家族で車でお出掛けした際、オーディオが全く反応しなくなってしまいました。

 

これまでも、度々調子が悪くなることがあり、音楽がかかっていないと耐えられない主人は、今回ばかりはさすがに修理に、とお店に向かいました。

 

乗ってっていた車は、日産のもう販売もされていない「グロリア」という車種で、平成4年式の車でしたのでざっと20年落ちです。

 

部品がある訳も無く修理することも出来ませんでした。オーディオが壊れてしまったつい三ヶ月前に、ブレーキの調子が悪く高い費用をかけて修理したばかりでした。

 

そろそろ潮時かな?と中古車を探しに自宅から近くの各メーカーへと出向いましたが。なかなか「これだ!」と思う車には出会えませんでした。

 

そこで、新車以外も検討を始め、中古車センターも回ってみることにしました。

 

中古車となると、新車では手が出ないような高級車も、選択肢に入れることができます。すると、主人はこともあろうにレクサスに興味をしましました。

 

主人は、昔からかなりのセダン好きでした。私は買え替えるのならば子供も二人いるので、出来ればファミリーカーが良かったのですが、主人が貰ってきた提案書は勿論セダンでした。

 

走行距離は5万3000キロ、車検済み、ファイアーアゲートマイカメタリックも主人の希望に近い色で、その当時で6年落ちでしたがレクサスの車にしてお手頃な値段でした。

 

レクサスなら、丁寧に乗り続ければ20万キロでも走行可能、というお店の人の言葉をうのみにしたわけではありませんが、まだまだ長く乗れる高級車であることは、私でも感じることができました。

 

それでも希望額より20〜30万上回っており、しかも私が一番避けたかったハイオク車でした。一日主人と話し合い、主人がとても気に入っており大事にしてくれるだろうと確信出来たので、その次の日に購入の手続きを進めました。

 

乗っていた車は勿論査定0円。気付けば10万キロを越えていました。それでも3万として下取りして頂き、使用していたタイヤを新しい車に付けることが出来たので、主人の懇願により新しい車に付属されていた普通タイヤを無料でスタッドレスに交換して頂きました。こうして新しい車、IS250を迎える準備が順調に整いました。

 

納期の日、初めて新しい車に乗った際音楽の音の質に驚きました。そして乗り心地、これは主人が絶賛しています。

 

また、内装も「さすがレクサス!」という感じでとても高級感があって満足しています。

 

エンジンをかけるのも、ボタンをい通しでかけれるのも素敵です。主人はマニュアルモードも超お気に入りで、ドライブが楽しくて仕方ないようです。

 

子供からすればドアが重たく乗りにくいという点もありますが、十分なトランクの広さに帰省の際とても助かっています。

 

心配していた燃費でしたが、その前に乗っていたかなり古く同じくハイオク車だったので、それに比べれば気にするほどでもありませんでした。

 

40代 兵庫県 女性

 

【よく読まれている記事】
あなたの愛車の下取り査定額、相場より安くありませんか?

 

車下取りシュミレーション|気になる愛車の下取り査定額って?